Keiko Yamamoto

Japan

Keiko Yamamoto

自然のかたちや繰り返されるパターンは、命の循環、再生を想起させます。密やかな森 のアレゴリーに思いをはせ。


変化を予兆させる作品を生み出したいと思っています。


作品は、おもにパート・ド・ヴェールという技法で電気炉を使ってを制作しています。粘土 で原型を作り、石膏取り。


をして、粘土を掻き出したあとの空間に、ガラスの粉や粒を詰めて電気炉で焼成する技 法です。


ガラスが熱で変容します。私は、時に予測のつかないその変化を見るために、日々の制 作を続けているのだと思います。